アパレル派遣について学ぼう

アパレル派遣についての情報が満載です

アパレル派遣労働者の各種勤務条件について

アパレル派遣労働者の各種勤務条件について アパレル販売店で働く人の多くはアパレル派遣という形で派遣会社から派遣されている労働者です。
販売店と直接契約を結んで働いているわけではなく、派遣会社と契約を結んで、販売店に派遣される形で就労します。
保険や通勤手当、雇用保険等に関しては販売店ではなく、派遣会社側が処理するということになりますので、販売店側としては手間が省けて助かるという状況のようです。
特に近年アパレル商品は値段が安くなってきており、販売店独自に採用し、就労に関する事務手続きをこなすのは非常に困難になってきている状況です。
派遣会社はアパレル業界を維持するために必要不可欠な企業であるといえます。
アパレル派遣される労働者の側としてもいろいろな販売店で勤務することができる、仕事を通じて自分のアパレルやファッションに関する知見を広めることができると非常に評判が良いようです。
派遣登録する人も若い女性から中高年女性まで幅広くおり、活況を呈しています。
もちろん、男性も登録することが可能です。
ファッションに興味がある大学生などが登録をしています。
こういった状態は今後も続いていくものと思われます。
業界の広がりとともに勤務条件もより改善されていくでしょう。

アパレル派遣でも社保に加入できる?その条件は?

アパレル派遣でも社保に加入できる?その条件は? アパレル派遣は、一流ブランドをはじめとするアパレルショップで派遣スタッフとして働くという就業形態です。
あこがれのブランドに直接関われるだけでなく、ショップによっては社員割引が利用できるなど、福利厚生制度が充実しているのも大きな魅力です。
また、所定の要件を満たせば社保すなわち社会保険に加入することもできます。
フルタイムで働く場合はもちろんですが、パートタイム勤務であっても、労働時間が一定レベル以上に達するようであれば、自動的に加入対象となります。
具体的には、常用雇用の場合は1か月の勤務日数及び1日または1週間の所定労働時間が、その職場で働く一般社員のおおむね4分の3以上ある場合とされています。
一般的なアパレル派遣の職場では週40時間勤務が基本なので、おおむね週30時間以上働くかどうかが目安となります。
ただし、この条件が提供されるのは、2か月以上継続して雇用される場合のみです。
2か月未満の期間を定めて雇用される場合は、加入対象となりません。
また、当初は2か月未満の予定だったが期間延長により2か月を超えた場合は、超えた時点から加入対象となります。
社保に加入すると、病気やケガで休業した時や育児休業を取得した時などに、給付金が受けられるようになります。

アパレル派遣を探すなら

アパレル派遣